霊的成長・超感覚

【瞑想が難しい・時間がない】身近で手軽な脳の活性化5選

波動が高い

今、世界的な企業が取り入れたことで瞑想がブームになっています。

脳を効果的に良い状態にして、作業効率を上げることが目的の1つです。

そういう影響もあり、NHK2017年に瞑想を特集したりと、今までにない注目のされ方です。

2018年5月には「マツコの知らない世界」でも特集されました。

そんな注目の瞑想ですが、そうは言ってもハードルが高いと感じる方もいるのではないでしょうか?。

とても良い効果があると話には聞いているけれども、ただ目を閉じて座っていること自体が難しいと感じる方も多いです。

だから瞑想にとらわれずに、瞑想で得られる効果を日常生活の中で得られるためにはどうしたらいいかを考え、まとめてみました。

私は瞑想が好きですが、だからと言って瞑想が全てではないと思うのです。

宇宙は無限の可能性をもって地球や人類や生き物を生み出しました。

だから、瞑想が苦手だとか、時間がとれないことに焦点を当てるのではなく、瞑想じゃなくても脳を良い状態にしてリラックスしたり、脳の働きを良くして直感を上げるにはどうしたらいいか、別の方法で実践していくことが自分の意識を広げたり、自分に愛を与えることにつながっていくのだと思います。

これこそ日常の中でのスピリチュアル的な楽しくてライトな生き方なのだと私は思うのです。

瞑想の代わりになる脳の化活性

1)ゆっくり景色をみながら散歩してシータ波が出やすい状態にする

2)散歩する時間がない時は、いつもとは違うスーパーやコンビニを利用して脳の働きを変える

3)好きな香りを活用して感覚を活性化させる

4)深呼吸を意図的にしてエネルギーを取り込みながらリラックスする

5)自分のために祈り愛情ホルモンを出す

そもそも瞑想の効果とは?

まず、なんで瞑想が今、こんなに注目されているのでしょうか?。

簡単にまとめてみました。

・集中力を高める

・深いリラックスが得られる

・ひらめきや直感が出て生産性が向上する

・気持ちがリセットされる

・脳の働きを変える

・脳が衰えにくい

・ストレスから解放されるから健康にも良い

・霊的向上が得られる

などなどです。

はるか昔から覚醒者、悟りを開いた人たちが行って来た瞑想の理由の1つは最後の「霊的向上」のためです。

完全なる愛と調和を求めて、瞑想や座禅などを行い「無の境地」に溶け込んでいこうとしていたのです。

そういう意味でも瞑想の効果は、リラックスできるという目的から、ワンネスの世界へ誘われるキッカケを得るためなど非常に幅が広いです。

ここで現在、鍵と言われているのは瞑想をすると脳波の状態が変化するという実験結果があることです。

なので、瞑想をするのと同じような脳の働きになるためにどうしたらいいか、私がいつも実践したり学んで来たことを含めてまとめてみました。

リラックス効果

ゆっくり景色をみながら散歩する

瞑想状態で測定される脳波で注目をされているのがシータ波という説があります。

シータ波は有酸素運動をしている時や歩いている時に出るという研究があります。

特に初めての風景に出会うとシータ波が出やすいそうです。

歩行瞑想というものもあるぐらいなので、時間がある時に、あまり通らない道をゆっくり散歩することで、脳の活性化につながります。

ここでポイントがあって、とにかく急がないこと。

長い距離を歩くことではなく、ゆっくり歩くことが大切だと思います。

また、音楽を聞きたい場合は選ぶ曲に注意した方がいいと思います。

最近はYouTubeなどでリラックスする音楽などがあります。

本当は音楽は聞かずに周囲の風景を見ながら歩く方が効果があるそうですが、どうしても音がないと嫌だという方は、ヒーリングミュージックなどがオススメです。

また有酸素運動は20分以上行うと脂肪燃焼の効果があります。

これは厚生労働省も自身のサイトで紹介していることなので、瞑想と同じように健康にも非常に良いことなのです。

シータ波を出すには「歩くこと」と言う脳科学者もいるくらいなので、ぜひぜひやってみてください。

スピリチュアル的には「意図すると効果が上がる」ので、ゆっくり散歩してシータ波を出してみようと思うことも忘れずに!!。

ちなみに私も歩いたり、ゆっくり自転車に乗って遠出することが大好きで、新しいアイデアが浮かんだりします。

いつもとは違うコンビニやスーパーで買い物をする

散歩することが脳の活性化になると書きましたが、そんな暇さえない!!と言われる方もいるでしょう。

私自身も、短大卒業後はブラック会社でデザイナー、その後は看護師という経歴から「時間がない!!」と思う気持ちはよくわかります。

ブラック会社でデザイナー時代は定時(たしか18時だったと思う)に帰れたのは、1年に1回か2回くらいでした。

他はデザイン事務所が入っているビルが閉まる22時まで毎日残業していました。

朝は9時からスタートだったので13時間、会社にいました。

それでも時間が足りない時は、9時前に出社して仕事をしている状態で、あの頃の私に「瞑想した方がいいよ」と言っても、即座に「無理」と言ったでしょう。

もちろん散歩する暇もなく、休みの日は、ただただ寝ていました。

そういう方にオススメの方法は「ちょっとだけ場所を変えてみる」ことです。

この場所とは

・いつも行くコンビニを変える

・通勤の道を変える

・大きな会社勤務の方だったら、トイレの階を変えてみる

・いつも行く本屋を変える

・いつも行くスーパーを変える

などなど、ささいなことですが変えてみるのです。

歩くだけでなく、環境や場所を変化させるとシータ波が出やすいという説があります。

机の前にずっといてもアイデアが浮かばずにいたけれど、トイレに行ったら急に違う視点で見ることができてアイデアがわいたなどの経験がある人もいるかもしれません。

それは、上記に書いたように、ちょっとした環境や場所を変化させることで脳の働きが変わるからなのです。

瞑想の効果の中で、ひらめきや直感を起こすことがあります。

日常のささいな変化を意図的につくることで同じ効果を起こすことにつながります。

アロマで瞑想

好きな香りを活用する

自分が好きなアロマなどの香りに囲まれることは脳を活性化します。

これは色々なところで研究もされているので、けっこう有名な方法です。

理由は嗅覚を感知する脳の場所とシータ波を出すと言われている海馬がすぐ近くにあるからです。

嗅覚以外の感覚(視覚、聴覚など)は視床を通って感覚中枢に到達しますが、嗅覚だけはダイレクトに嗅球という匂いを感じる脳の場所に到達します。

その嗅球は感情の動きを司る扁桃体とシータ波が関係している海馬ののそばにあります。

そのため香りは感情を癒したり持ち上げたりする効果があると言われているのです。

 

好きな香り、自分の今の気持ちにピッタリの香りを嗅いだり、アロマをデュフューズすることで脳を活性化、もしくはヒーリング効果をもたらすことになります。

 

これは私個人のスピリチュアルカウンセラーとしての経験から思うことですが、こういう時のアロマや香りの選択は「自分の好き」や「今の感覚にピッタリ」という感情で選ぶのが1番効果的だと思います。

世の中にはググると、たくさんの効能や説明が書いてあります。

それを参考にすることは非常にヒントになると思いますが、結局のところ、それは参考にしかすぎず、自分の今の感覚の好きという気持ちが1番のネビゲーターだと思います。

深呼吸をする

色々な呼吸方法がありますが、1番シンプルなのが深呼吸です。

深呼吸を意図的にすると脳に酸素がたくさん送り込まれます 

また、魔術師が浄化や心身を整える方法の中に呼吸法があります。

普段の無意識にしている呼吸とは違い、意図的に深呼吸や呼吸法を行うことは、プラーナや宇宙エネルギーを取り込むことになるからだと思います。

呼吸法の1つに

・4秒かけて息を吸う

・2秒間、息を止める

・4秒かけて息を吐く

・2秒息を止める

これは簡単そうで霊的向上にも非常に効果があるので、最初は5分間以内とか回数を決めて行うのがオススメです。

深い呼吸は体をリラックスする効果もありますよ!!。

自分のために祈る

祈りの効果は瞑想と同じくらい多岐にわたります。

まずもって祈りは瞑想同様に太古から途絶えることなく続いてきたものです。

そして、全くもって道具や準備するものは必要ありません。

まず、祈りを行うと愛情ホルモンが出ます。

自分のための祈りですから、その愛情ホルモンがリラックス効果をもたらすのは言うまでもありません。

そして、また別のホルモン(ベーターエンドルフィン)が出る説もあり、脳の働きが活性化されるだけでなく免疫機能までも向上させます。

祈りは自分の心を平穏にし、そして高次元ともつなげるスピリチュアル的な最大のツールです。

しかしながら、ここで間違ってはいけないのは「他人の不幸を喜ばない祈り」であることが大前提です。

例えば

「夫が浮気しているから、浮気相手にこっぴどく振られてほしい」はネガティブな祈りです。

また

「忙しすぎて嫌だ、会社が潰れればいいのに」も同様です。

同じことでも

「夫も私も浮気相手も幸せになりますように」

「会社も私も幸せになりますように」と祈ることとは宇宙からのサポートは全く違います。

そして脳の働きや活性化の視点から見ても全く効果が違います。

最初は祈る言葉が難しいと感じるかもしれないので、まずは「自分が幸せになりますように」だけでも良いかと思います。

それこそ、自分に対して愛を注ぐ最大の行為なのですから。

祈りは瞑想と同様に、まだまだ科学では解明されていない効果がありますが、宇宙とつながり、そして脳を活性化させるツールなのです。

まとめ

瞑想って難しそうとか、習いたいけど怪しそうとか、時間がないとか、色々な印象を持っている方がいらっしゃることでしょう。

私は瞑想歴2年ほどですが、非常に効果があるのは確かです。 

しかしながら、お仕事が忙しかったり、日常に追われている場合、毎日瞑想をすることが難しい場合も多いかと思うのです。

だから、日常生活の中で簡単に瞑想と同じような脳の働きを得られることを、まとめてみました。

私自身も、この方法はすべて実践しています。

これを読んだ方の中には「私も実践しているけど、あんまり効果を感じないな」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

その場合は、今度は「こういう効果があるらしい」ということに焦点を当てて実践してみてください。

意図して実践するのと、しないのでは全く効果が違います。

意図すると「気づき」が加速します。 

そして気づくことで、その気が付いた出来事は脳に「効果があった」とインストールされていくのです。

気づくことで癒しを起こしたり、次なるステップへと誘います。

ぜひぜひ、色々な方法を試してみてください。

色々な方法を試すことは、まさに海馬を活性化させ、脳の働きが広がります。

どんな状況でも「まぁ、今は時間がないからしかたないか」と思い、そういう状況でもできることを実践していくことが、私にとってのスピリチュアル的な素敵な日常生活だと思っています。

時々お得な情報も配信しています
メルマガ登録はこちらからです

キラキラ*メルマガ 宇宙からの手紙 登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *