スピリチュアルメッセージ

セミの抜け殻は幸運とステップアップのシンボル

セミの抜け殻は幸運のシンボル

沖縄ではセミの抜け殻は幸運のシンボル

昔、沖縄は西表島の自然ツアーガイドの方からこんなことを教えていただきました。

羽化した後のセミの抜け殻は幸運のシンボルと言われている

理由は「羽化する時は無防備になるために敵に狙われやすかったり、上手に羽化できずに死んでしますことが多いから」だそうです。

だからこそ羽化に成功した後のセミの抜け殻は幸運のシンボルなんだそう。

この話を聞いた後からセミの抜け殻を見ると「良かったね」と話しかけるようにしています。

危険をおかして成長するという自然の摂理を垣間見ているような気がするからです。

フランスではセミは幸運を招くと言われている

調べてみると南フランスではセミは幸運のグッズとして販売されているそうです。

なんだか日本のフクロウや招き猫と同じ感じがします。

そこで私が思うのは羽がある生き物は天界と地上を仲介する役割があるのかもということです。

だからこそ、土の中から出てきて成虫になっていった後のセミの抜け殻は、今の自分から脱却し大きなステップアップのシンボルという意味もあるのだと思うのです。

セミの抜け殻を目にしたら、それは「ステップアップの時期がきたよ」というメッセージなのかもしれません。

昆虫のもつスピリチュアル的な意味

昆虫は成長するたびに姿が変化します。

セミは長い間、土の中で過ごし、蛹になり、そして1番ベストな時期に飛び立ちます。

蝶もそうですが、幼虫と成虫の姿が全く違うのも特徴です。

幼虫や蛹の時は本当に地味です。

これが空を飛ぶセミや蝶になるのか?というくらい姿も生活環境も違います。

これは成虫と幼虫が「親子間で不必要な競争を避けるため」なんだそうです。

セミにまつわる色々な神話などもありますが、成長の過程などを含めて私なりの解釈をすると

今の状況がずっと続くわけではないよ

目の前の状況が例え地味に見えても、時がくれば羽ばたくよ

という天界からのスピリチュアルメッセージだと思うのです。

まとめ

 

セミのスピリチュアルメッセージ

・無防備な羽化を乗り越え飛び立った後のセミの抜け殻は幸運のシンボル

・地中から飛び立った後のセミの抜け殻はステップアップの時期であることを伝えているのかもしれない

・セミは成虫するまで地味な姿で過ごす

だからこそ目の前の状況に閉塞感を抱いていたとしても、ちゃんと脱却する時期がくるよと展開や精霊からのスピリチュアルメッセージ

 

スピリチュアルリーディングのご感想