エピソード・感想

【書くセラピー講座】専業主婦から通信大学に行き願いが叶ったお話し

書くセラピー講座で夢が叶う
書くセラピー講座って、どんな感じなのかな?

ただ書くだけ?。

方法を知るだけ?。

他の講座とどう違うの?。

そういう疑問にお伝えするためにFさんの体験談をご紹介したいと思います。

書くセラピー講座は、ただ方法を伝えることに重きを置いていません。

書くことと、スピリチュアル的なことを同時にお伝えし、マンツーマンでセッションすることで以下のことが起きてきます。

1)方法を知る

2)方法を活用することで自分の心の動きを知る

3)人生のステップアップや霊的成長を促進させることは、特別なことではなく日常の中にあることを体感し、小さな変化を見る目を育てる

4)幸運力、自信を自分の心に貯金できるようになる

5)自分の可能性や思考を広げていく自分になる

上記の5つにより

どんな時も、自分らしく前を向いていけるようになることや

自分の心を責めることなく向き合うための講座です。

そんな講座を受けた卒業生であるFさんから嬉しいご報告などを聞いたので掲載したいと思います。

疲れてモヤモヤしていたFさんが「魂の学び」をすることで

普通の主婦から

通信制の大学に行き、資格取得し念願の職種に就職できたお話しです。

また、ただ夢が叶っただけでなく

・「悟る」とか「覚醒する」とかって、本当に普通に日常生活を大事にすることから始まるんだなって腑におちていったこと

・意識が現実を創るということが本当の意味で腑に落ちてきた

・自分の気持ちを素直に出す方が親子関係も上手くいく

こんなことを講座を受けたことで体験したお話しでもあります。

Fさんから聞いた言葉を、そのままFさん視点で記載しました。

毎日疲れて夢もない日々

疲れてて、何かがモヤモヤしていたFさん

りえさんに初めてリーディングをしてもらった時は

疲れてて、何なモヤモヤしているんだけど

でも、それが何かわからなくて・・・

モヤモヤは悪いことだと自分を責めたりして

そんな状態でした。

すると、りえさんが

魂が動いているからね

みたいなことを言ったんです。

そこで、なんだか「そうかぁ」って感じになって・・・。

でも自分と向き合う方法も具体的にはわからなくて・・・。

で、講座を受けてみようと思ったんです。

気がついた

講座を受ける中で、やりたいことを我慢していたなぁって気がつく

講座を受けたら、自分が夢に対して諦めていたことに気がついたんです。

この歳で資格を取るために勉強するのは大変だしとか・・

難しいしとか、そういうの固定概念だなと思って。

そういう思いに1つ1つ向き合ったんです。

そしたら、なんか自信が持てて

ちゃんと合格できる、資格が取れる、大丈夫だという気持ちに変化していったんです。

あと1対1の講座だから、講座の中でじっくりと自分の気持ちを見つめることができたんだと思います。

そこから毎日の生活の中での気づきが大事で

「悟る」とか「覚醒」とかって言うけど

それは日常生活の中にあるんだなぁって、実感したんです。

意識が現実を創るということが体験として腑に落ち始めた

小さい頃から、今の現実は自分が創っていると思ってた。

でも、大人に言っても理解してもらえなくって。

普通の考えじゃないのかな?とか

あと、そこを追求していくと、なんか怖い感じがして

自分の内側を見つめないようにしてきてたんです。

りえさんに会って

世界は自分が創っているということは、そのうちわかるよ

そう言われて

で、講座を受けてから、それが分かり始めたと言うか、腑に落ち始めたんです。

言葉では上手く説明はできないんですけど

でも、自分の意識が世界を創っているんだなって。

だから、資格を取った時にすぐに勤務先が見つからなかったけど

秋から働きたいなぁって思ってたら、その時期に合わせてスムーズに勤務先が見つかったんです。

親子関係も変化した

自分の気持ちを素直に伝えることで現実が変化することも体験

親子関係も講座を受ける中で変化してきました。

今までは娘に

何で手伝ってくれないの?

みたいな言い方だったんですけど

そうではないなと気がついて。

自分の気持ちを見つめることが理解でき始めたら

娘に対しての言葉も変化したんです。

お母さん、今日疲れてるの

素直にそう言えるようになったんです。

そしたら娘も手伝うようになって。

今までは

「自分は疲れているんだな」という風に自分と向き合えていなかったんだって気がついたんです。

そこに気がついて、素直に表現すると親子関係も変化していったんです。

1対1の書くセラピー講座

1対1の講座で良かった

りえさんの講座は1対1だということや

次の講座まで1ヶ月開けることなどが

私にはそれが凄く良かったと思うんです。

講座を修了してからも

あの時にこんな風に言われたなぁ

という感じで

その言葉の意味がわかったり、腑に落ちたりして

自分の思考が大きく変わったことを実感できるんです。

まとめ

Fさんは、幼少期から周囲の大人は教えてくれないけど

この世の現実は自分の意識が何かしら関係しているんじゃないかと思っていた方でした。

でも具体的にどうすればいいかわからず

そういう思いがある反面

歳だから今更資格を取るなんてとか

主婦だからとか

そんな観念で自分を縛っていました。

また真面目で頑張り屋さんな性格もあいまって

家族の前で素直に「疲れている」とも言えずにいました。

心と向き合うと言うと多くの人が

難しいとか

向き合うと自分の嫌な面ばかり出てきて、もっと落ち込むんじゃないかと不安になったりします。

でも、そういうことじゃないんです。

心と向き合うって、ありのまんまの自分の感情を見るだけでいいんです。

Fさんの場合は

・意識と現実の関係を知りたい

・本当は自分の夢を叶えたい

この部分にフォーカスして素直に自分の気持ちに向き合っただけなのです。

すると

心と向き合うって、そのままの感情を認めればいいなだなとか

こういう部分は観念だったなとか

気づきが加速して、思考が広がり変化していったのです。

だから、願いは自然な流れで叶っていったんだと思います。

「書くセラピー講座」はマンツーマンで、じっくりと

それぞれの方に合わせて進行していく講座です。

ただ方法をお伝えするのではなく

講座の中では、誘導瞑想やエネルギーワークを取り入れて

オーラやチャクラのクリアリングや活性化も行います。

色々とやってみましたが、このことで受講される方々の変容がスムーズになっていくことがわかりました。

こうやって、みなさまの可能性の枠を広げていくことも講座の目標の1つになっています。

今までは期間限定の募集でしたが、現在は常時お申し込みが可能です。

詳しくは以下からどうぞ。

http://wave-of-light.com/kouza-kaku

スピリチュアルリーディングのご感想